Top > 文化 > どうせ脱がないという慢心は駄目

どうせ脱がないという慢心は駄目

その日は7分丈のパーカーとマキシ丈スカートを着ていました。 どうせ脱ぐこともないだろうと思って、前日は処理をせずに出かけてきたのですが、なんと途中で足湯に寄ることになってしまいました。 みんなノリノリでしたが、私はひやひやです。 だって脛にはばっちりムダ毛が生えているんですから。 できるだけスカートの裾を捲らないように気をつけて足湯に入りましたが、友人にはちらっと見られてしまいました。 とても恥ずかしくて前日に処理を怠ったことをものすごく後悔した出来事です。 それ以来、脱ぐ予定はなくても出掛ける前日には必ず処理をするようにしています。 なんば 脱毛

文化

関連エントリー
どうせ脱がないという慢心は駄目
カテゴリー
更新履歴
現金化サイト|ごく一般的なクレジットカードの場合は...。(2016年11月 6日)
医学部合格への情報収集の方法(2015年4月22日)
努力の積み重ねの大事さ(2015年4月22日)
努力の積み重ねの大事さ(2015年4月22日)
良く聞く耳つぼダイエット(2015年3月 6日)