Top > 映画「ラスト・ミッション」を見た

映画「ラスト・ミッション」を見た

良い。リュック・ベッソンのヨーロッパコープが一枚噛んでいる (そして脚本も) し、監督は 『チャーリーズ・エンジェル』 のマックGである。派手なアクション映画になっているだろう。と思っていたのだが、それほど派手ではない。CGも極力使わずに生身のスタントで見せて行くのは結構。ケヴィン・コスナーも年齢を重ね、身体も絞って精悍な感じになり、若い頃に比べると、無精ひげも似合い、随分と良い男になったように見える。余命僅かの病気にかかっているとは言え、体の動きもなかなかだし、射撃の腕も確かで、ちょっと笑ってしまうほどあっさりと敵の手下たちは倒れて行く。強すぎだよ。 ベルタ酵素 販売店
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
現金化サイト|ごく一般的なクレジットカードの場合は...。(2016年11月 6日)
医学部合格への情報収集の方法(2015年4月22日)
努力の積み重ねの大事さ(2015年4月22日)
努力の積み重ねの大事さ(2015年4月22日)
良く聞く耳つぼダイエット(2015年3月 6日)