Top > FX > 負けないために

負けないために

一般的なFX取引の情報では「マイナスになった状況ではナンピン買いをすることによって、ポジションの平均を買い付けコストを抑える」などと説明されていたりしますが実際はそれにはリスクがある。

 

まず、ナンピン買いのやり方について手短に述べておきます。

 

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いだから円安ドル高に動くほど儲けが大きくなりますが、思い通りに行かず1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまった。

 

この状態で持ち続けたとしたら、利益がでるためには、円高になった分円安に動く必要があります。

 

投資家であれば、損失は早急に0にしたいと願うでしょう。

 

このためはじめに買ったのと同じ量の$を、1ドル95円で買い増します。

 

そうしたら、ポジション全体の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで下げることができますこれで、半分の幅で円安に向えば、マイナスを回復する事ができます。

 

この流れがナンピンのやり方です。

 

ナンピン買いの理論を知ると「確かに」という気分になるが、市場はそう簡単には問屋を卸しません。

 

だいたい、1ドル95円が下値だということなど、なんびとも分かるわけがありません。

 

仮に、為替が強い円高ドル安の流れだとすると1ドル95円では収まることなく更に一段の円高ドル安になるリスクがある。

 

例として、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円まで円高になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも為替差損が生まれます。

 

そういう状態では一番初めに取引したドルと全部で倍の損を被ることになります。

 

この例のように、ナンピン買いは厄介です。

 

それなら、為替相場が己のシナリオとは反対にさっと向う場合どういった手法で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

 

こういう状態で取るべき方法は2つ。

 

ひとつは潔く、損を確定する事です。

 

もうひとつの選択肢としては今現在、自分か持っている買いポジションを小さくする事で改めて為替相場がリカバリするのを待つ事です。

 

ずいぶん受動的な手法だと考える投資家もいるでしょう。

 

しかしながら、買いポジションに為替差損が生まれた場合一番適切な対策はこれ以外には考えられない。

 

無論、ロジックのうえではナンピン買いをするという術もありえます。

 

だがナンピン買いはあなたが損失を披っているにもかかわらず買いポジションを減少させるどころか、それとは反対に買いポジションを積み増していく方法である。

 

この方法では、危険性を回避することなど、どう頑張ってもやりようがないと考えたほうがいいです。

 

ナンピンをし続けられればその内勝てるかもしれません。

 

しかし、そうなる先に投資資金が足りなくなってしまいます。

 

FX

関連エントリー
負けないために
カテゴリー
更新履歴
現金化サイト|ごく一般的なクレジットカードの場合は...。(2016年11月 6日)
医学部合格への情報収集の方法(2015年4月22日)
努力の積み重ねの大事さ(2015年4月22日)
努力の積み重ねの大事さ(2015年4月22日)
良く聞く耳つぼダイエット(2015年3月 6日)